Cafe tRNA
京都のフリマで不定期営業中のCafe tRNAの活動不定期録
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピクルス


暖かくなるとピクルスを漬ける気分になってくる。

夏野菜なんかが出だしたら、さらに加速。
しかし、野菜の水分量によって結構浸かり方が変わってくるから奥が深い。
それはそれで、試行錯誤が楽しいけど、毎回毎回味が違う。
野菜の方にもそれぞれの事情があって、キュウリひとつだって、毎回同じ水分量じゃないわけだしね。
まだまだ、修行の余地が多い、ピクルス作り。

次回はキッシュの具のパンチ具合についての、するどい考察を誰か語ってくるかもしれない...。
スポンサーサイト
チャリンコに乗って


暖かくなると、自転車に乗ってどこかに行きたくなる。
最近では乗ってる時間よりも、分解したり、組み立てたりしてる時間の方が長い。
いかん、反省。
桃缶カッテージチーズのっけ


某雑誌の記事から作ってみる。
イマイチ。
たぶん、桃缶とカッテージチーズの種類に相性があると思われる。
要研究。

つづく,,,かもしれない。
Henri Cartier-Bresson
先週の日曜日まで天保山のサントリーミュージアムでHenri Cartier-Bresson展が開催されていた。

Bresson先生は20世紀を代表する天才的な写真家のひとりだが、2004年に亡くなった。

「決定的瞬間」などの写真集に代表されるように、彼の目が切り取る日常の一瞬は時として戦慄を覚えるほどである。

もともと画家を志していた先生は、晩年はカメラを鞄にしまったまま、ずっと絵を描いていたらしい。

先生のオリジナルプリントを見る機会を逃した事が悔やまれる。
悔やんでいたら、その反動で写真集買っちまいましたよ。
はっは。

没後二年を経て今年は国内でBresson先生に関する動きがいくつかありそう。
まずはこれかな。

京都では「京都シネマ」にて公開。
春の風情


ソメイヨシノも美しいのですが、日本古来の山桜の風情がいいなと感じるようになってきました。
これも歳のせい?!
知恩寺「手作り市」出店




まだまだ盛りの桜や新緑が美しい雨の京都市内。
気温は北海道から出店の方の話によると、北海道と一度しか違わないという肌寒さでしたが、頑張って出店してきました。

今回は食品扱い等のルールの厳格化と変更や、そのほかトラブルにも見舞われましたが、終わってみれば良い方向にもっていけたと思います。

寒い中をいらしてくださったみなさま、本当にありがとうございまいした。
知恩寺手作り市
いよいよ、本日、知恩寺さんで、出店します。
天気が心配ですが、近くの方は是非あそびに来てください。
うまい珈琲と楽しい雑貨でお待ちしております。

スタッフ一同
新作ニット帽10


春のキャスケット・その2。
白基調にセンス良くストライプが配置されてます。
春っぽい服に合わせるとかわいくなりそう。
桜2
sakura2

昨日今日の雨でかなり散ってしまったけれど、まだまだ楽しめる。
新作ニット帽9


萌葱色とグレー、白のコンビネーションが春らしい一品。
裏表で違う表情を見せるドットとボーダーのパターンが使われているので、かぶり方によってアレンジできるはず。
知恩寺手作り市
週末の知恩寺手作り市に出店すべく鋭意努力中です。

知恩寺さんの市はメディアに取り上げられるようになってから、爆発的に規模が大きくなってしまったようで、より安全性を確保するために4月から食品関係の店舗には保健所の認可が必要になりました。

新しいルール導入の過渡期で、いろいろと難しい点もあるのですが、これも長く「手作り市」を続けていくためにはしょうがないことでしょうね。
主催者の方々、ご苦労様です。

そんなわけで、役所の書類などを我々なりにそろえてみたりしているのですが、書類の不備などがあると出店出来ない可能性もゼロではありません。

さてさて、どうなることやら。

新作ニット帽8


ニット部長のお送りする、春の新作はキャスケット!
全体のシルエットも、つばの大きさもイイ感じ。
まだまだ、肌寒い夜。ニットが活躍。
というか、一年中ニットで行こう!
いや、いくべき!!



満開になったと思ったら、荒れ模様の天気。
今年の京都の桜の花の寿命は短かったかな。
週末に花見をして、堪能しました。

copyright © 2005 Cafe tRNA all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。